カードローンの事故情報・異動情報は、ずっと記録されたまま?保存期間は?

事故情報はずっと記録されたままなの?

c3
信用情報機関に事故情報が記録されている限り、審査に支障をきたしますが、ずっとそのままというわけではありません。
事故情報は一定期間を過ぎると消去されるので、過去に何かしらのトラブルを起こした方でもいずれ審査が通るようになります。
そのため、信用情報に傷をつけてしまった方は、下手なことをせずに事故情報が消えるまで待ちましょう。

信用情報の登録期間は信用情報機関の種類や登録内容によって異なりますが、債務整理を行った場合は5年~10年程度は消えないと思って
ください。
よくやってしまいがちな延滞の場合、全国銀行個人信用情報センターと株式会社シー・アイ・シーが5年、日本信用情報機構が1年です。
一般的に2ヶ月~3ヶ月くらい延滞すると事故情報として登録されます。

信用情報は自分で確認できるの?

「信用情報に傷がついていないか気になる」「事故情報がまだ残っているのか確認したい」という場合は、自分の信用情報を確認されてく
ださい。
信用情報が見れるのは金融機関だけだと思っている方が多いですが、自分で確認することも可能です。
確認したい場合は各信用情報機関に問い合わせてください。

ごく稀にですが、誤った情報が登録されている場合もあります。
本来であれば、消去されていてもいい事故情報が残ったままになっていたり、全く身に覚えのない情報が登録されている可能性もゼロでは
ないので、試しに確認してみるのもいいかもしれません。