キャッシングに頼らないための節約術一覧 ~ガソリン・電気代・保険の見直しなど~

キャッシングに頼らないための、節約術

【ガソリン代の節約術】
車の維持費は馬鹿になりませんが、仕事の関係上、どうしても手放すことができないという方もいるでしょう。
その場合、維持費を少しでも抑えるためにガソリン代の節約を徹底してください。
ガソリン代は維持費の中でも多くを占めるので、どれだけ抑えられるのかが生活費を節約する上でも重要になります。

まず、ガソリンスタンドでメンバーズカードを発行しましょう。
メンバーズカードを作成すれば、会員価格でガソリンを入れられるので通常よりもお得です。
たったこれだけでもかなりの節約になるはずです。

さらにエコドライブを心がけて運転してください。
一定速度を保ち、スピードにムラのない運転を意識して、5秒以上停車する場合は必ずアイドリングストップを行いましょう。
適正なタイヤの空気圧にしておく、不要な荷物は乗せないといったことも重要です。

【電気代の節約術】
毎月の電気代に悩まされている方は、電力契約を見直してみてはいかがでしょうか?
電力契約を見直すことによって、基本料金を下げることができます。
特に家にいる時間が少ない方や電気製品の使用が少ない方にとっては非常に効果的な方法です。

契約アンペア数が高ければ高いほど基本料金が高くなります。
現在使用しているアンペア数が分からない場合はブレーカーをチェックしてください。
ブレーカーに書いていない時は電力会社に問い合わせてみましょう。
その際に自分にとってどのくらいのアンペア数が適切なのか相談してみるのもいいかもしれません。

少しでも基本料金を下げたいのは分かりますが、過度に下げるのはおすすめできません。
過度に下げてしまうとすぐにブレーカーが落ちて生活が不便になってしまうので、自分の生活に合ったアンペア数で契約してください。

【保険の見直し】
自動車保険や生命保険などみなさん何かしらの保険に加入していると思います。
いくら生活費を節約するためといっても保険を止めるわけにはいきませんよね?
事故を起こした時や怪我・病気になった時に保険がないとあまりにも経済的負担が大きすぎます。
そこでおすすめしたいのが保険の見直しです。
解約する必要はありませんが、安くならないかどうか一度見直しを行ってください。

保険の見直しを行う場合、自分にとって何が必要で何が不要なのかをじっくりと考えてください。
不要などんどん省いていくことで、保険料が一気に安くなります。
必要なサービスはその時その時によって異なるので、いつまでも同じ契約内容だと損をしてしまいます。

保険料を安くするために保険会社そのものを変えるというのもひとつの方法です。
その際、営業マンと一緒に適切な保険を考える代理店型よりもインターネットで申し込みをする通販型の方が保険料が安いです。
通販型の場合だと自分で色々調べて契約しないといけませんが、劇的に保険料が下がるので、安さにこだわる方には非常におすすめです。

■教育費をどう準備する?

子供の教育費に充てるために借入する方も多いですが、これは防げない問題ではありません。
子供が生まれてから少しずつ貯金していったり、学資保険などを活用してください。
事前にこのように準備をしておけば、いざという時でも慌てずに済みます。

ただ、準備が間に合わなかったり、予想以上に教育費がかかってしまう場合もあるでしょう。
そういった時は教育ローンを利用してみてはいかがでしょうか。
教育ローンは通常のカードローンよりも安く借入できるので返済が比較的楽です。