ブラックリストに関わる個人信用情報はどこで登録・管理されている?

信用情報はどこで登録・管理されているの?

c2

私たちの信用情報は信用情報機関というところで登録・管理されています。
主な信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)の3つで、業態によっ
て加盟する機関が異なります。
全国銀行個人信用情報センターには銀行、株式会社シー・アイ・シー(CIC)には信販会社(クレジットカード会社)、日本信用情報機構
(JICC)には銀行・消費者金融・信販会社が加盟しています。

現在の金融機関はどれか1つだけではなく、複数の信用情報機関に加盟していることがほとんどです。
昔は業態によって加盟している信用情報機関が異なっていたので、信販会社の審査に落ちても、消費者金融の審査に通るというケースが多
々ありましたが、今は情報交換が活発に行われているため、前よりも難しくなりました。
ちなみに消費者金融の審査の際には株式会社シー・アイ・シーや日本信用情報機構の信用情報が使用されます。

信用情報に傷がつくってどういうこと?

信用情報に傷がつくとキャッシングの新規申し込みやローンの審査、クレジットカードの発行などに支障をきたします。
では、そもそも信用情報に傷がつくとはどういったことをいうのでしょうか?

例えば、お金を期日までに返済せずにずっと滞納したままだったり、返済が苦しくなって自己破産や個人再生をしたといった場合は信用情
報に傷がつきます。
こういった信用を落とすようなネガティブな情報のことを事故情報といいます。
ブラックリストという言葉も事故情報と同じ意味合いで使用されていますが、実は使っているのは私たちだけです。
金融機関ではブラックリストという言葉を使っていませんし、そのような言葉も存在しません。
いってしまえば、ただの造語です。

信用情報に傷がついてしまうと何かと不自由な思いをすることが多くなるので、無理な借入はせず、借りたお金をしっかりと返済していき
ましょう。
キャッシングだけではなく、クレジットカードの支払いを滞納した場合も事故情報として登録されるので注意してください。